NEWSニュース

画像:ニューノーマル時代における会議の生産性向上を実現するWebアプリ「Ecrit(エクリ)」を方正とリリース

ニューノーマル時代における会議の生産性向上を実現するWebアプリ「Ecrit(エクリ)」を方正とリリース

 

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木努、以下、ケンブリッジ)と方正株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:管祥紅、以下、方正)は、「会議をスッキリ終える」をテーマとした会議ファシリテーションサポートサービス「Ecrit(エクリ)」を2021年3月1日に正式リリースしました。

Ecrit(エクリ)とは

画像:ニューノーマル時代における会議の生産性向上を実現するWebアプリ「Ecrit(エクリ)」を方正とリリース

Webアプリ「Ecrit」の会議画面。会議に必要な情報がすべて網羅されている。

 

Ecritは、ファシリテーションのプロが作った、「会議をスムーズに進め、スッキリ終わらせる」ための、強力な支援ツールです。会議を時間通りに終わらせる、リモート会議でも議論を見える化する、プロのファシリテーターのように振舞う、といったことをサポートできます。

具体的には、

  • 会議をスッキリ終わらせるために最重要である「会議の準備」のルールが、フレームワーク化されている
  • 誰がどういう発言をしたのか、ToDoは何なのか明らかになるので、議事録を別個にとる必要がない
  • 会議の途中に「このアジェンダはあと5分です」など自動で差し込まれるので、タイムマネジメントがしやすい
  • 発言が長すぎたり、発言がなかったりした場合も、Ecritが自動で差し込んでくれる
  • 会議の最後に決定事項やToDoの確認をしないと終了できない

などの特徴があります。

これらは、プロのファシリテーターが日々会議を成功させるために実践している作法であり、Ecritを利用することで、こうしたプロの振る舞いを実現することができます。

オンラインで仕事をするのが当たり前の世の中となり、最近では、まずリモート会議のやり方を改善することから働き方改革につなげたい、というご相談も増えています。

Ecritを使えば、働き方改革の足掛かりとなるだけでなく、社内のファシリテーター養成にも寄与することができます。

 

Ecritを利用するには

 

Ecritは、開催する会議の回数に応じた月額課金のサブスクリプションサービスです。

  • 月21回以上利用の場合、月額5万円~(月20回まで無料)
  • サービスの運営、各種問い合わせ対応は、方正が行います。
  • 専用サイト(https://ecrit.ctp.co.jp/)より、管理ユーザーを登録することができます。
  • 管理ユーザーは、Ecrit内で、企業、組織、一般ユーザーを登録・管理することができます。

 

サービスサイト、提供会社、お問い合わせ等

 

Ecritには専用サイトがあります。 https://ecrit.ctp.co.jp/

 

Ecritは、ケンブリッジが企画し、方正が開発、サービス運営をいたします。

 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社 https://www.ctp.co.jp/

 方正株式会社 https://www.founder.co.jp/

※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

プレスリリース全文(PDF)はこちら

 

本ニュースリリースに関するお問い合わせはこちら、またはプレスリリース本文に記載したメールアドレスよりお願いいたします。