SEMINARセミナー

「伝えるプロ」が教える、資料作りの7つのステップ

画像:「伝えるプロ」が教える、資料作りの7つのステップ
scroll

学べるスキル

  • わかりやすい資料を作るための方法論
  • 聞き手にとって伝わりやすい資料を作るスキル
  • 腹落ちしやすいストーリーを組み立てるスキル
  • 人の作った資料をレビューする視点

セミナー/研修概要

仕事を進める上で「何かを伝える」ということは必要不可欠です。
人を説得する、企画について説明する、プレゼンをする、など伝える場面はたくさんあります。
だからこそ知っておきたいのが、伝わる資料を作るための手順と抑えておくべきポイントです。

本セミナーでは、様々な企業で業務改革の支援をしてきた講師の経験から導かれた、資料作りのセオリー「7つのステップ」を演習を通じて一日で学びます。

アジェンダ

1. 「伝わる」で最も重要な要素
2. 「伝わる」資料を組み立てる7つのStep
3. 発散する
4. 主張と要望
5. 相手の状態を明確にする
6. シナリオ(構成)を決める
7. ラフスケッチを書く
8. 電子化(PPTスライドを作成する)
9. レビューをする

対象者

  • 若手、中堅、マネジメント問わず、人に何か説明をする立場の方
  • 部下の作成した資料をレビューする立場の方
  • 利害関係者に理解や納得を求めたい方
  • 以前に自分が作った説明資料が「わかりにくい」と言われた方

受講者の感想

・相手の立場になってストーリーを考えていくという視点が持てるようになった
・ビジネスマンにとって絶対必要な内容なので社内の他のメンバーにも受けさせたい
・演習が多く、効果的だった。あっという間の一日だった。
・人の資料をレビューするときの視点についての学びが多かった。
 資料作りだけでない普段のコミュニケーションにも活用したい。