<img height=”1″ width=”1″ style=”display:none”
src=”https://www.facebook.com/tr?id=230213924035054&ev=PageView&noscript=1″
/>

Cambridge Technology Partners

HARUKA NAKAGAWA

中川 悠2007年 中途入社シニアコンサルタント

会社のかじ取りをどうする、
という意思決定に関わることができて、
シビレました。

疾走感と一体感がハンパない

-印象に残っているプロジェクトを教えてください。
実は7週間しかいなかったんですが、あるお客様の業務分析/要件定義フェーズをやったときですね。私は物流領域の担当で、現状の業務やシステムを調査・分析し、施策をお客様と合意し、将来の業務やシステム要件を定義する、という仕事をしました。とにかく疾走感がハンパなかったです。短期間でやらないといけないという状況も手伝ってか、お客様も含めて、チームの一体感がありました。何より楽しかったです。
-7週間で業務分析と要件定義とは短いですね。不安はありませんでしたか?
当時はがむしゃらで、「こんなのムリだよ」感はなかったのが却って良かったかもしれません。もうやるだけです、という感じで。ケンブリッジメンバーは私も含めて若い人ばかりで、入社したばかりのNさんとか、PM(プロジェクトマネージャー)はSさんだったんですけど、本来ならPMをやるタイトルではなくて。
-Sさんは確か前のプロジェクトでPMに大抜擢されたんですよね。
そうなんです。で、鈴木さん(ケンブリッジチームの最高責任者。社長でもある)も「ヤバイけど頑張ろうね!(笑顔)」「頑張ります!」みたいな感じで(笑)。それでベテランのKさんに言われたんです。「昔のケンブリッジを思い出すね。俺は好きだな」って。若くて経験の少ないメンバーが、お客様やスキルの高い人を巻き込みながら、がむしゃらに進めていく感じがいいねって。それを聞いて、ああ、こういうのがケンブリッジっぽいプロジェクトなんだなと思ったのを覚えています。だから期間は短いんですが、私の「The Project(※)」はこれなんです。(※注 The Project:自分のキャリアの中で、理想のプロジェクトのあり方に最も近いプロジェクトのこと)
-苦労したことは何ですか?
むしろ苦労した記憶しかないんですけど(笑)。入社したばかりですし、物流領域については全くの未経験だったので、「ロジって何ですか?」というところからスタートしました。とにかくわかったことを絵に描いて、リーダーからダメ出しをされてケンカしながら品質を高めていきました。もうしょっちゅうケンカしてましたね。その頃リーダーに言われていたのは、「自分の中に品質基準を作れ」ということでした。そうすれば成果の品質が上がるよと。それは今でも課題なんですけど。

それは、シビレました

-他のプロジェクトでは経営戦略策定も経験したんですよね。
はい。はじめPMの白川さんからは、「アタマは私がやるので手足になってください」と言われました。どストレートですよね。でもじゃあ自分でリードできるかというと難しいので、わかりましたと。すごく勉強になりました。白川さんの仕事の進め方とか頭の使い方とか見ることができましたし。白川さんは自分が楽したいというのと、人を育てようというマインドを強く持っているので詳しく教えてくれるんです。それで、その仕事ができたら次から任せてくれるというやり方で、段々と自分が担当する仕事が広がっていきました。最後は白川さんは表に出ず、フロントは私が務めるという形になりました。
-経営レベルの仕事をして、どうでした?
それまでやってきた、業務をどうするとか、コストを下げるとかいう話じゃなくて、会社の舵取りをどうするとか、体験したことのない意思決定に関わることができて、やっぱりシビレましたね。それはシビレました。それから感じたのは単に合理的なものを選べばよいというものではない、ということです。経営戦略というと、データに基づいて分析をして、合理的に決断を下す、というイメージがあったんですが、それだけではないんだなと。戦略について議論を進めていく中で、「私達の会社って何をするためにあるんだっけ?」という論点が出てきたんです。グループの中でのミッションというか、本来やるべき事業があるという一方で、大きな利益を出している事業もありまして、じゃあどうするのと。目先の利益ばかりを見るのではなくて、本当にやるべきことはコッチだよね、と。そういうことを議論して合意しました。
-そういう場面に立ち会うのって感動するよね。
そうですね。感動しました。

感動をさそう仕事を作れるようになりたい

-今後の目標について教えてください。
一度PMをやらせてもらったんですけど、自分ではまだまだだと思っています。安定してプロジェクトをまわせるような、一人前のPMになりたいです。コンサルタントとして対価に見合うバリューを出します、というのは当たり前としてありまして、ただそれだけじゃなく、何というかうまく言えないんですけど、お客様と私たちとで感動をさそう仕事、こういう仕事を自分で作れるようになりたいです。これまでそういう仕事をいくつか経験してきているので、自分で作れるようになりたいなと。
-そのために、どんなところを伸ばしたいですか。
実は今ハマっているんですよ~(泣)。今までできると思っていたことが、どうやらそうではないぞと気付きまして。人の巻き込み下手だなとか、プロジェクトマネジメントの知識もまだまだ足りないなとか。一からやり直そう、という思いです。
-そうですか。中川さんといえば「人たらし」というイメージがあるけどね。それは周りからの期待値が上がったからじゃないの?
それはあると思います。もう入社して7年になります。もうベテランですよね。それなのにいまだにそういうところが出てくる。ケンブリッジって味わい深い会社だなと思います(笑)。
-私なんか入社14年だけど、2015年の抱負は「仕事の基本をゼロからやり直す」ですよ。
気が合いますね(笑)。他のコンサルティング会社だとこういうときに「もう俺この会社にいられないのかな」と思うのかもしれない。だけどケンブリッジだと不思議と「またゼロからやり直そう」と思えるんですよね。
-お互い、バージョンアップが必要な時期なんだね。頑張ろう(笑)
はい(笑)。