人材育成Human Resource Development

こんなお悩みにこたえます

  • 社内にリーダーシップのある人材がほしいが、育て方がわからない
  • 研修を受けても、現場で実践できず定着しない。推進力がでない
  • いくら教育にお金をかけても成果がでない

 

サービス概要

「プロジェクト」が人を育てる

人材は「教室」では育ちません。「プロジェクト」の場こそが人を育てる最良の環境だと、ケンブリッジでは考えています。ケンブリッジでは、変革リーダーの育成のために、学びのサイクルを取り入れた育成型プロジェクトづくりとその推進を支援します。

気づいて、真似して、成長する

「足りないノウハウを補填しようと思い、自らコンサルタントのやり方を実践し、自分のものにしていく。」ケンブリッジの育成型プロジェクトの特徴はここにあります。
「不足している能力に気づき、自ら実践してものにしていく」という仕掛けをプロジェクト活動の随所に挟み込むことで、プロジェクト進行に必要なスキルやマインド(例えばリーダーシップやファシリテーションスキルなど)が身についていきます。

学びのサイクル

ケンブリッジのプロジェクトでは、数多くの成長のためのしかけがあります。一例として、多くのケースで実施している学びのサイクルを紹介します。

 

Ⅰ.隣で仕事をしているコンサルのお手本を見て、目指すべきスキルの到達点を知る。

Ⅱ.自分でもマネをして実践してみて、「ここが良かった」「こうすればもっと良くなる」といった客観的な指摘(フィードバック)を受ける。

Ⅲ.「実はこうやっていた」と種明かし的に座学を受けて、スキルやふるまいの背景にある理論を知る。

Ⅳ.日報や週報で自分自身の振る舞いを振り返り、学びや気付きを整理する。また、そこに対して毎回コンサルからフィードバックを受けて学びを深める。

 

このようなサイクルを愚直に回し続けることにより、単発のレクチャーでは得られない、大きな効果を得ることができます。

 

お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP